2007年06月11日

消費者金融に多額借金 板橋の失跡男性 架空会社も多数設立

 東京都板橋区のマンション二階の一室などで血痕が見つかり、遺体が運び出されたとされる事件で、行方が分からなくなっている部屋の住人とみられる男性(29)が
複数の消費者金融から多額の借金をしていたことが七日、警視庁捜査一課の調べで分かった。

男性が代表取締役の会社が一年ほどの間に六社ほど設立されていたことも判明。
同課は、男性が金銭トラブルなどに巻き込まれた可能性もあるとみて、交友関係や会社設立の経緯を調べている。  
調べでは、男性はこれまでに数回、養子縁組した。現在の姓になったのも相手に無断で養子縁組した結果だった。
同課がその名前での借金を調べたところ、複数の消費者金融から借り入れがあった。  

男性が代表になっているのは「広告代理店」や「情報処理サービス」などを業務にした会社で、いずれも今年五月までの一年足らずの間に設立された。  
現場マンションのほか文京、新宿両区の雑居ビルなどが登記上の所在地で、男性以外に役員はおらず、いずれも実体がないとみられる。  

このうち中央区の会社は、私設私書箱などを扱う会社の住所を使用。ここは振り込め詐欺グループの現金振込先として、警察庁が公開した住所と一致しているという。  
男性は数年前、品川区の団地の知人宅に同居していたとみられる。
posted by クレジットカードの鬼 at 05:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 消費者金融の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カードローン訴訟 過払い金で充当可能 最高裁が初判断

 カードローン契約で、利息制限法の上限(残元本に応じて15〜20%)を超えて消費者金融会社に支払った「過払い金」について、新たな借り入れの返済に充当できるかが争点となった訴訟の上告審判決が7日、最高裁第1小法廷であり、甲斐中辰夫裁判長は「充当は可能」との初判断を示した。会社側の上告を退け、過払い金約225万円の支払いなどを命じた2審・広島高裁判決が確定した。

 判決理由で甲斐中裁判長は「少なくとも、当事者間に過払い金を新たな借入金債務に充当する旨の合意があれば、その合意に従った充当は可能」と判示。両者間で締結されていた基本契約について「弁済当時、他の借入金債務が存在しないときでも、その後に発生する新たな借入金債務に充当する旨の合意を含んでいると解するのが相当」とした。

 2審判決によると、広島市の男性は昭和63年以降、消費者金融会社「オリエントコーポレーション」から断続的に借り入れと返済を行ってきた。平成16年に、それまでの取引を利息制限法の制限利率で計算し直したところ、3年末から過払い金が発生していることが判明。4年以降の新たな借り入れの返済への充当を除いた分について返還を求めて提訴した。



引用元
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070608-00000020-san-soci
posted by クレジットカードの鬼 at 04:02| Comment(0) | TrackBack(1) | クレジットカード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月09日

多重債務者救済の動きNPOなど借り換え生協設立へ

多重債務者の救済を目的とした「生協」を立ち上げようと、県内の民間団体代表らが県庁で設立説明会を開催した。
独自の低利融資と生活指導で債務者救済を行っている「岩手県消費者信用生活協同組合」の関係者を招き、
融資制度について理解を深め、年内にも県への設立申請を目指すことを確認した。

 自殺の防止、相談活動に取り組んでいるNPO法人「蜘蛛(くも)の糸」(佐藤久男理事長)が発起人の一人となって開催。
佐藤理事長は「自殺理由のうち、多重債務問題など経済生活苦は約3割を占める」とし、
債務者救済を目的とした生協設立で、少しでも自殺者減少につなげたいとしている。

 この日は、岩手信用生協から2人が出席。「岩手方式」と呼ばれる独自の融資制度について説明した。
同制度は岩手生協など4者が連携して平成元年にスタート。
市町村が制度運営のために地元金融機関に出している預託金を基に、生協が多重債務者向け融資を実施している。
1人500万円を上限に年利は9・25%。消費者金融から高利で借りた借金の借り換え過払い返還請求訴訟にも対応している。

posted by クレジットカードの鬼 at 05:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 消費者金融の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月10日

テスト

テスト
posted by クレジットカードの鬼 at 06:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。