2007年06月30日

パチンコで借金

パチンコ=借金
... 新規融資を絞ったあおりで、 借金して「一獲千金」を狙う顧客が減ったためだという 。
詳しくは 俺だけじゃないんですねw 確かに身近なパチンコ屋が一気に潰れました。 大手のパチンコ屋が増えたのもありますが、その大手も今は客が少ないです。 ...

高見藤パチンコ借金で現役引退
日刊スポーツ, Japan - Jun 18, 2007
役場勤めの経験もあり「けいこ熱心」と評判だった高見藤は、パチンコで身を崩していた。
同親方によると、高見藤は5月30日の名古屋場所番付編成会議で再十両昇進が決まり、再び給与を手にすることを見込んで、1度に4社の消費者金融から借金をしていたという。 ...

十両高見藤がパチンコなどの借金苦に引退
日刊スポーツ, Japan - Jun 18, 2007
同日、日本相撲協会に引退届を提出した師匠の東関親方(元関脇高見山)によれば、数年前からパチンコなどで借金が重なり、本人が責任を感じて申し入れたという。
東関親方は「4カ所もの消費者金融や、部屋の後援会からも借金をしていた。これからという時だけに残念。特にモビットでキャッシングを ...

パチンコ借金
... 推定の話では、 そんな人達で、3桁の借金をしているヒトはざらにいるそうです。 ...
パチンコ店の餌食の可能性高し!! パチンコ店の経営を助けて、 同時に、タバコをスパスパ吸って、年間2兆円超えというタバコ税を助けているのです。

「パチンコで借金かさみ気力ない」元十両の高見藤が引退届
読売新聞, Japan - Jun 18, 2007
師匠の東関親方(元関脇高見山)によると、パチンコなどで借金がかさみ、相撲を取る気力がなくなったという。
高見藤は東洋大時代に学生横綱となり、岡山県和気町役場を経て入門。今年春場所、新十両に昇進した。夏場所は幕下だったが、25日発表の名古屋場所番付で十両 ...

高見藤が突然の引退 パチンコで借金
スポーツ報知, Japan - Jun 18, 2007
東関親方によれば、数年前からパチンコなどで借金が重なり、本人が責任を感じて申し入れたという。
東関親方は「4か所もの消費者金融や、部屋の後援会からも借金をしていた。これからという時だけに残念。もう相撲を取る気力がなくなったと言っている」と話した。 ...

posted by クレジットカードの鬼 at 15:50| Comment(3) | TrackBack(4) | 消費者金融の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月19日

消費者金融の借金に関するニュース

高見藤、借金苦で引退
スポーツ報知, Japan - 19 minutes ago
だが、最近になって借金をしているとの話が入ってきた。 決定打となったのは、13日に部屋に送られてきた消費者金融会社の請求書だった。
本人に問い詰めると4社に多額の借金があり、後援会にも金を借りていたことが判明。話し合いをしたが口論となり、高見藤が「もう ...
【大相撲】十両高見藤が借金苦で引退…本人自ら申し入れる サンケイスポーツ
高見藤が突然の引退 パチンコで借金 スポーツ報知
all 31 news articles

消費者金融に多額借金 板橋の失跡男性 架空会社も多数設立
東京新聞, Japan - Jun 7, 2007
東京都板橋区のマンション二階の一室などで血痕が見つかり、遺体が運び出されたとされる事件で、行方が分からなくなっている部屋の住人とみられる男性(29)が
複数の消費者金融から多額の借金をしていたことが七日、警視庁捜査一課の調べで分かった。 ...

JanJan 借金苦救済へ無料相談 来月1日、高山で専門家ら
中日新聞, Japan - Jun 15, 2007
飛騨地方は多重債務問題に詳しい法律家が少ない「司法過疎地」であるため、借金苦から抜け出せずに悩んでいる人が多いとみられる。
同会は気軽な参加を呼びかけている。 多重債務は、クレジット会社の信用販売や消費者金融などで借金を重ね、返済に行き詰まった状態。 ...
多重債務相談自治体の役割考えるシンポで議論 朝日新聞
all 3 news articles

消費者金融「お客選別」のあおり
ライブドア・ニュース, Japan - Jun 10, 2007
「パチンコの資金が足りなくなって消費者金融に駆け込む人は、利用者全体の20%はいる感じだ。数年前はもっといたと思う」
パチスロの場合は「大当たり」が続けば一回で20万〜30万円も儲かる場合もあるようで、「借金がすぐに返せる」との思いが消費者金融に走らせることに ...

posted by クレジットカードの鬼 at 06:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 消費者金融の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月17日

弁護士でないのに多重債務処理の疑い、「整理屋」11人を逮捕

弁護士資格がないのに多重債務者債務整理をしたとして、警視庁保安課は30日、千葉県松戸市松戸新田、
無職、津田勝容疑者(62)ら「整理屋」グループの男女11人を弁護士法違反(非弁行為)の疑いで逮捕した。

同容疑者らに名義を貸したとして、昨年12月に病死した小谷恒雄弁護士も同法違反(非弁提携)容疑での書類送検を検討している。
津田容疑者らは「シニアネット協会」の名称でラジオでCMを流すなどして集客。東京都新宿区の小谷弁護士の事務所などで多重債務者と面談していたという。

2005年11月から昨年5月までに約500人から債務整理を請け負い、返済金や手数料を不正に流用していたと同課はみている。
調べによると、津田容疑者らは昨年4月から5月ごろ、多重債務者4人から貸金業者との和解交渉を請け負った疑い。

posted by クレジットカードの鬼 at 18:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 消費者金融の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月14日

消費者金融「お客選別」のあおりで パチンコ業界厳しい!

「庶民の娯楽の殿堂」パチンコだが、遊戯人口がここ10年で1000万人以上も減少し、2007年に入っても客離れが止まらないようだ。
その理由の一つが「消費者金融が、お金を貸さなくなったため」なのだそうだ。風が吹けば桶屋が儲かる、みたいな理屈だが、あながちウソでもないようだ。
融資申込者の半数以上が振るい落とされた 企業信用調査会社・東京経済の「東経ニュース」(07年5月24日付け)は、
07年に入りパチンコ店運営会社の倒産が相次いでいる原因の一つをこう説明している。

「パチンコ業界では消費者金融の法改正を受け、パチンコファンがパチンコにつぎ込む資金が減少した」


消費者金融業界では、06年に多発した無理な取立て、上限を超える金利での貸し付けなどの不祥事が相次いだ。
さらに、貸出上限金利の引き下げなどを盛り込んだ改正貸金業法成立を受け、貸し倒れリスクの高い人への融資を一段と絞った。
「武富士、アイフル、アコム、プロミスの大手四社の成約率は三月時点で平均44%と、申込者の半分以上が審査でふるい落とされた」(日本経済新聞07年5月18日付け)

つまり、ふるい落とされた中に、パチンコファンが多かったのではないか、というわけだ。

パチンコ好きは消費者金融をどれくらい利用しているのだろうか。ある大手パチンコチェーンの社員はこう話す。

「生活費が足りなくなって『パチンコで稼ごう』と遊びに来るお客さんも多い。手持ちが無い場合は、お客さんの一部だとは思うが、消費者金融を利用しているようだ」

パチンコ・パチスロ歴20年の30代男性サラリーマンはこう話す。

「パチンコの資金が足りなくなって消費者金融に駆け込む人は、利用者全体の20%はいる感じだ。数年前はもっといたと思う」


パチスロの場合は「大当たり」が続けば一回で20万〜30万円も儲かる場合もあるようで、「借金がすぐに返せる」との思いが消費者金融に走らせることになるのだそうだ。

参加人口は減少したが、一人当たりの遊戯費は非常に高騰 消費者金融の「貸し渋り」でパチンコ人口が減る。これはパチンコ業界にとって非常に痛い。
「レジャー白書」によれば、パチンコ参加人口は05年で1,710万人。95年が2,900万人だから約1,200万人減少した。
一方で、業界の売り上げ(貸し玉料)は95年が309,020億円に対し、05年は287,490億円と参加人口に比べ減少率は少ない。
つまり、一人当たりの遊戯費が非常に高騰している。そこへ、消費者金融の融資が制限されれば、大きく売り上げを落とす結果になりかねない。


パチンコ参加人口に関しては、減少が心配される問題が07年7月に発生する。「射幸心をあおる」という理由で、

店内に置かれているパチスロマシンの「4号機」が、ギャンブル性の低い「5号機」に総入れ替わる。
スリリングな展開を味わえなくなる可能性があるわけで、日本遊技関連事業協会はJ-CASTニュースの取材に対し、
「業界にとって厳しい状況であることは間違いない」 と話す。
posted by クレジットカードの鬼 at 05:15| Comment(1) | TrackBack(0) | 消費者金融の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月11日

消費者金融に多額借金 板橋の失跡男性 架空会社も多数設立

 東京都板橋区のマンション二階の一室などで血痕が見つかり、遺体が運び出されたとされる事件で、行方が分からなくなっている部屋の住人とみられる男性(29)が
複数の消費者金融から多額の借金をしていたことが七日、警視庁捜査一課の調べで分かった。

男性が代表取締役の会社が一年ほどの間に六社ほど設立されていたことも判明。
同課は、男性が金銭トラブルなどに巻き込まれた可能性もあるとみて、交友関係や会社設立の経緯を調べている。  
調べでは、男性はこれまでに数回、養子縁組した。現在の姓になったのも相手に無断で養子縁組した結果だった。
同課がその名前での借金を調べたところ、複数の消費者金融から借り入れがあった。  

男性が代表になっているのは「広告代理店」や「情報処理サービス」などを業務にした会社で、いずれも今年五月までの一年足らずの間に設立された。  
現場マンションのほか文京、新宿両区の雑居ビルなどが登記上の所在地で、男性以外に役員はおらず、いずれも実体がないとみられる。  

このうち中央区の会社は、私設私書箱などを扱う会社の住所を使用。ここは振り込め詐欺グループの現金振込先として、警察庁が公開した住所と一致しているという。  
男性は数年前、品川区の団地の知人宅に同居していたとみられる。
posted by クレジットカードの鬼 at 05:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 消費者金融の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月09日

多重債務者救済の動きNPOなど借り換え生協設立へ

多重債務者の救済を目的とした「生協」を立ち上げようと、県内の民間団体代表らが県庁で設立説明会を開催した。
独自の低利融資と生活指導で債務者救済を行っている「岩手県消費者信用生活協同組合」の関係者を招き、
融資制度について理解を深め、年内にも県への設立申請を目指すことを確認した。

 自殺の防止、相談活動に取り組んでいるNPO法人「蜘蛛(くも)の糸」(佐藤久男理事長)が発起人の一人となって開催。
佐藤理事長は「自殺理由のうち、多重債務問題など経済生活苦は約3割を占める」とし、
債務者救済を目的とした生協設立で、少しでも自殺者減少につなげたいとしている。

 この日は、岩手信用生協から2人が出席。「岩手方式」と呼ばれる独自の融資制度について説明した。
同制度は岩手生協など4者が連携して平成元年にスタート。
市町村が制度運営のために地元金融機関に出している預託金を基に、生協が多重債務者向け融資を実施している。
1人500万円を上限に年利は9・25%。消費者金融から高利で借りた借金の借り換え過払い返還請求訴訟にも対応している。

posted by クレジットカードの鬼 at 05:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 消費者金融の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。